本文へスキップ

全国居合道中国地区連盟は全国居合道連盟に所属し、防府市開出に本部を置いています。

全国居合道連盟

伯耆流の業

表の業(十本)

  • 一、押え抜  おさえぬき (左方より抜き打ちせんとする者に応じる座業)
  • 二、小手切  こてぎり (左方より抜き打ちせんとする者に応じる座業)*間合い遠し
  • 三、切付  きりつけ  (右方より抜き打ちせんとする者に応じる座業)
  • 四、抜留  ぬきとめ  (右斜め前より横払いに抜き打ちせんとする者に応じる座業からの立業)
  • 五、突留  つきとめ  (正面より突いて来る者に応じる座業からの立業)
  • 六、四方金切  しほうかなぎり  (四方より斬りかかる者達に応じる座業)

中段の業(九本)

  • 一、膝詰  ひざずめ  (接近して対座し、抜き打ちせんとする者に応じる座業)
  • 二、胸の刀  むねのかたな  (正面から組かからんとする者に応じる座業)
  • 三、追掛抜  おっかけぬき  (前方より斬りかかる者に応じる立業)
  • 四、返り抜  かえりぬき  (後ろから斬りかかる者に応じる立業)
  • 五、一作足  いっさそく  (座したる時、正面より斬りかかる者に応じる座業からの立業)
  • 六、向詰  むこうずめ  (群衆中で正面より斬りかかる者に応じる立業)
  • 七、長廊下  ながろうか  (廊下の端に座したる時、斬りかかる者に応じる座業からの立業)
  • 八、切先返し  きっさきがえし  (正面より斬りかかる者に応じする立業)
  • 九、四方詰  しほうずめ  (四方より斬りかかる者達に応じる立業)

奥の業

表五箇条五本、裏五箇条五本、応変八極九本、居合八極変九本等伯耆流にはまだ多数の秘刀があるが、これらはすべて秘事口伝につきここでは省略する。


バナースペース

居合始祖林崎甚助


林崎甚助(はやしざき じんすけ)

1542年生まれ(1548年とも)。戦国時代の武術家。居合(抜刀術)の始祖とされる。
林崎甚助が開いた流派は神夢想林崎流、林崎流、林崎夢想流などと呼ばれるが、甚助自身が生前にこの流派名を名乗ったわけではない。
この他に神夢想林崎流から分かれた流派(無双神伝流、無双直伝英信流など)の系譜で初代となっている。
甚助が神託を得た林崎明神は、現在では林崎甚助も祀られて林崎居合神社と呼ばれている。